© 2023 by Violin-Nature  All rights reserved.

  • facebook-square
  • twitter-bird2-square
  • google-plus-square
  • youtube-square

ヴァイオリン上達のための相談室 その2

 

 

♪ビブラートで楽器が動く

 

 

はじめまして。  「ヴァイオリン ビブラート」という検
索で 佐藤さんのHPを見つけました。 親切なアドバ
イスを拝見して、私も相談に乗っていただきたいと思
い、 メールをお送りすることにしました。 今、私はヴ
ァイオリンを続けるかどうか大変悩んでいます。 5歳
の頃からピアノを習い10年くらいは一生懸命練習し
ました。 その後、ピアノは1年に2,3曲ずつ自分の
ペースで練習しています。 一方ヴァイオリンは15歳
から始めまして、気がつけば 初めて楽器を持ってか
ら10年以上も経ちました。 一通りハイポジションま
で弾けるようになり、 ビブラートも習いました。 だいた
いの形がついたところで、さあこれからが 本当に険し
い道の出発点という気がします。

音楽は感性が大事だと思いますが、そのためには技
術も必要ですよね。 今悩んでいるのは、ビブラートが
自然にかけられないことなのです。私はこれまでに3
名の先生にならいました。どの先生に習っても、ビブ
ラートのコツがわからなかったのです。今年の5月頃
にレッスンをやめて、それきりバイオリンの蓋をひらい
ていません。 どうしても楽器が揺れてしまい、先生方
にはいろいろなアドバイスをいただいて 練習してきた
のですが、どうしてもコツがわかりませんでした。どん
な曲を弾いてもビブラートがかけられなければ曲に表
情が出なくて、つまらない曲になってしまいます。でも、
今「できない」と思っているとこわくてバイオリンに触れ
ません。このまま楽器をやめてしまうのは10年やっ
てきた苦労を捨ててしまうようで、残念 な気がします。 

HPにはビブラートの練習方法が載っていましたが、さ
らにアドバイスしていただけ ることがあれば、教えてい
ただけないでしょうか。 どうぞよろしくお願い致します。

 

ご相談のビブラートについて実際のあなたの演奏を
聞いていないので正確にはアドバイスできないと思
います。ただ的を得ていないかもしれませんが一般
的な見方で申し上げます。

ビブラートに連られて楽器が動いてしまうという点で
すがやはり体のどこかに力が入っているとしか考え
られません。まずはそれを除去する方法を探りださ
なければなりません。左手で楽器を支えていないか
?左手の親指はどこの位置にあるか?ビブラートを
どこでかけようとしているか?左手のフォームが自然
体か?手首が突っ張っていないか?肘が打ち側に
入っているか?

さらにビブラートは表現の意欲と妥当性がなければ
かけたとしても偽物になってしいます。ビブラートの
リズムや数を自分で制御応用できなければなりま
せん。

演歌やタンゴのヴァイオリンのビブラートはクラシッ
クからするとオーバーで嫌らしく思われますがその
成り立ちや表現は根本では同じのように思います。
自己を聞かせたい欲求の強さがああいった感じに
なるのだろうと思います。

以上の言葉の中にヒントがあればうれしいです。せ
っかくこれまで努力してきたことをあっさり投げてし
まうのももったいないものです。もしかしていやきっと
次の一歩が壁を打ち破る大きな進歩かもしれませ
ん。私もいつもそう思って練習しています。

 

 

♪4の指

 

 

こんにちは。はじめまして。私は大学1年生で、4月
からビオラをはじめたのですが、手が小さいため、4
の指の音程がとりにくく、また、左手の手首がどうし
ても曲がってしまいます。それと、大学のオケでやっ
ているので、練習は個人に任されていて、週に1回
先輩に見てもらっていますが、基礎練習はどんなこと
をしたらいいのでしょうか??全然上達せず、最近す
ごく落ち込んでいます。よろしければお返事ください。

 

 

上達の悩みは誰にもありますね。私にも。しかし上達
しているのがわからない人もいます。弦楽器を続けて
いくにはやはり上達していることがわからないと楽しく
ないでしょう。ほんのわずかな進歩でも理解できれば
他人がどう言おうと弾くことは楽しいはずです。小さな
進歩を見つけることが第一歩のように思います。

左手が小さくて運指が困難な辛さはよくわかります。し
かしことにヴァイオリンは不思議なことに体の小さい人
がソリストに多いです。そして技術的な問題を苦にして
いません。どうもヴァイオリンの場合は音感がありさえ
すれば自然に運指してくれているようです。これはヴァ
イオリンだけでなくビオラにもいえます。したがってフォ
ームよりも本当は音感づくりが大切なように思います。

現実のフォームとしては私のHPに書いてあるように4
本の指の中心が1の指ではなく2の指に、そして1の
指はまず伸ばしてから押さえる、4の指はあまり曲げ
ないで平らに押さえる、指の重心を3の指の辺りに持
ってくる、これらのことを理解してやってみて下さい。
手首が曲がらないようにするために親指で楽器を支
えないようにまた少しネックを軽く握るような感じです
るといいように思います。

 


 

♪ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第3楽章

 

 

上手くヴァイオ リンが弾きたい!と言う思いでメールし
ています。先日発表会があり、BruchのconcertoNO.1
の1楽章を弾きました。それがビデオで聞いてみたら
自分でも「自然じゃない。」と先生の言って いる意味が
やっとわかったと言う感じでした。最初のソロの部分の
速度が突然速くなったり・・。最初のかっこいい部分?
が過ぎ次の穏やかなフレーズの部分も何にも 考えず
にただ音程を間違えないようにと必死にひいていまし
た。

もう発表会も終わってしまったので、今は3楽章を練習
しているのですが。3楽章の方は全部が堂々と元気 な
フレーズであまり曲の波はないように感じます。でも全
て重音ばっかりで大変です (^^;)この曲にはブルッフ
のどのような思いが込められているのでしょうか?教え
てください。

 

ブルッフの3楽章は正直あまり作曲家のイメージのよう
なものは浮かんできません。リズムも構成も平易です。
何を表現しようとしているのかといった意図はなく楽天
的に上機嫌で気の向くまま作曲されたように思います。
やはりロマン派の特有のプライベートな感情を表したも
のでしょう。気分が相当乗っていて一気に書かれたよう
な感じがします。

例えば序奏の刻みに乗ってバウンドするリズムが勢い
をつけてヴァイオリンを導くところや第二主題の優しい
旋律につづく3連音符の飛行機の乱高下するところなど
です。

むしろこの作品は意図を感じて弾くというより素直に興に
乗って弾く作品ではないかと思います。無理して意図を
感じなくても音楽を楽しむための作品と考えた方が気が
楽です。自分の楽しい時を思い出して弾いたらいいので
はないでしょうか。雰囲気はスコットランド幻想曲の華や
かさに似ています。

 

 

♪ レッスン法

 

 

 

はじめまして。
6歳の娘にバイオリンを習わせています。私自身は
ピアノしかやったことがなかったので、バイオリン
はわからないことが多いのです。こちらのホームペ
ージはとても勉強になります。

 また、見失いがちな大切なことを思い出させていた
だくこともあります。特に、年長と小1の姉妹のおか
あさまへのメールには、胸を打たれるものがありま
した。

わが娘も、小さいながらも毎日休まずレッスンをが
んばって、二年半になります。そのけなげな姿に、
親としてはできるだけのものを提供してあげたいと
思うのですが、如何せん、自分に知識がないため
に、今の先生やレッスンがいいのか、娘に合ってい
るのかということからよくわかりません。

 バイオリンのレッスン法にはいろいろあるようです
し、教本も篠崎とかスズキとかいろいろですよね。
先生にしてもご自身がいっしょにバイオリンを弾か
れる先生もいらっしゃれば、娘の先生はピアノを弾
かれてレッスンをされます。私自身は、子どもに先
生の弾くバイオリンの音色を聴かせて刺激にしたい
と思う部分もあるのですが、

ピアノを弾かれるのには他にメリットもあるのでしょ
うし、それについて先生自身に尋ねることは、なんだ
か注文をつけているようで、憚られます。

本当のところ、子どものバイオリンのレッスンは、ど
のような方法が効果的なのですか?あまりにも初歩
的な質問かもしれませんが、どうぞ教えていただけ
ればと思います。よろしくお願いいたします。

 

はじめまして。メールを読ませていただきました。

レッスン方法についてのお母様の不安や迷いは
よくわかります。レッスン法は先生によって当然
違います。ただ実際のレッスンを見たわけではあ
りませんので仮定でお話いたします。ピアノを主
に使われてのレッスンはそれだけ生徒さんの能
力が高く演奏そのものを高めようとしているもの
と思います。指を押さえるだけでも大変な生徒さ
んにはこの方法はできないでしょう。細かいヴァ
イオリンの奏法の熟達は当然あとについてくると
いうことかもしれません。

またヴァイオリンで重要な音程をピアノで正確に
維持させるということもポイントです。そして単旋
律のヴァイオリンの弱点であるハーモニーを常
に付けることで豊かな音楽感覚を身につけると
いうことにもなります。こういったピアノでのレッス
ンの利点も得がたいものです。

その上でヴァイオリンの音の出し方、表現のしか
た、あるいは基礎的な技術をピアノや言葉ではな
く手本を見せて欲しいという希望は当然あると思い
ます。感覚だけでなく理論的に示して欲しいという
期待も当然でてくると思います。生徒さんが上達
すればするほどなおさらのことです。

どんないい先生でもすべてを教えることはできま
せん。あとは生徒さんのレッスン以上の理解力が
あるかないかということになります。優秀な生徒さ
んは先生が教えなくても「はまった」演奏や奏法を
します。それは先生にとってオーケストラのトレー
ナーではなく指揮者のようにコントロールすれば
いいだけの存在になります。一番先生としては楽
で教え甲斐のない生徒さんかもしれません。(笑)

私がメールを読んで感じたことはお母様がレッスン
を見て感じられた不足のものがお子さんにとって一
番必要なものと感じられていらっしゃるのではあり
ませんか?もしそうであれば何か手を打たなくては
ならないでしょう。

お子さんにとってプラスのものをいつも考えてあげ
てこそ親の役目かと思います。ヴァイオリンのレッ
スンを受けることの一番重要なレッスン方法で違和
感があったらそれは早く解決した方がいいでしょう。
神経的につらいものがあるかもしれませんが先生
にそのことをうまくお話してみることです。それがで
きないと先生を代えるということになってしまいます。

ただしここで注意しなくてはならないのはお子さん
の性格や気持ちを大切にするということです。そこ
が一番難しいかもしれません。先生との相性が良け
ればなおさらです。ヴァイオリンの楽しさと最高のレ
ッスンをという二つのものが同時に適うよういろいろ
なことを総合的に考えて対処して下さい。お子さんに
くれぐれも無理強いしないで下さい。

思い込みで話をしている部分もありますが何がしか
のヒントになればと願っています。お子さんの年齢で
練習をいやがらずに続いているのはうらやましいで
す。その雰囲気を大切にして見守ってあげて下さい。

 

 

♪ヴァイオリンの挟み方と肩当て

 

 

 

中一の娘が、学校の授業でバイオリンを習い始めま
した。今日で3回目ということなのですが、ただ一人
バイオリンをあごではさんで、その場で廻るということ
ができずに困っています。

首が短い、アゴの形がまずいということなのか、先生
曰く、挟めない人は、今後一切弾くことは無理だと決
め付けられたようです。(上手くはさめないと、学校の
バイオリンを落として破損することになるので、弁償し
てもらうことになる事態を避けたいということもあるよ
うです。)

首は長くはないにしても普通の長さですし、あごも特
に変わった形状とは思えません。本人は、バイオリン
をはさむと痛いと言いますが、皆さんは痛みは皆無と
いうことなのでしょうか。それとも、弾くためのガマンと
いうものがあるべきなのでしょうか。

私にはバイオリンの経験がないのでわからないので
すが、これはめったにないケースということなのでしょ
うか。

あまりにばかばかしい質問で、先生を煩わせてしまう
ことが恐縮ですが、娘の落胆ぶりも不憫(!)なので、
メールさせていただきました。よろしくお願いします。

 

さてバイオリンの挟み方についてのご質問ですが
実際にどのような状態なのか見てみないとわから
ないところがあります。その点をご承知おきくださ
い。その人の体型によってフォームはいろいろかわ
ってきます。これでなくてはいけないということはあ
りません。しかしだからといって不自然では苦労し
てしまいますので合理的なフォームを習得しなく
てはなりません。

さてお嬢さんは肩当てをしていらっしゃいますか。
またそれも人によって違いますので慎重に選ばな
くてはなりません。市販のいろいろな肩当てを試
してもしっくりいかないこともあります。肩に小さな
座布団を敷くとか(シャツの下にでも)そうやって
高さを調節して楽器の下がりを矯正します。

左手で楽器を支えるようにクセをつけてしまいま
すと押さえる指の自由が制限されてしまいます。
どうしてもはじめのうち体型的にどうしてもそうな
ってしまう人は進歩していくなかでバイオリンを自
分の体型にフィットさせて解決していかなくては
ならないでしょう。

肩当ての選択の次にどうやってかまえるかが問
題です。なで肩の人は結構バイオリンをかまえ
るのは大変だと思います。そのためには楽器が
鎖骨上にのっていることが重要ですので左手を
右の肩に置いて挟んでみて下さい。そこで注意
することは肩が不自然に上がらないことです。こ
れは大変重要で肩が上がるということは演奏を
困難にしますので自然体で弾けることを心がけ
て下さい。この点はご指導を受けていると思い
ますが。

あと挟んだ時の痛みがあるかどうかということで
すが、もともとバイオリンのフォームは不自然極
まりないものですのではじめの何日間は痛いか
もしれません。しかしすぐに慣れてくるはずです。
それがいつまでもあるということはどこかに問題
があると考えて下さい。

いずれにしてもご自分のフォームを鏡を見て矯
正していって下さい。また他の人のフォームを見
て参考にしたり反省したりしてください。はじめか
らうまくいくと考えないで基本を大切にしてくださ
い。また顎と肩で楽器を保持できないという技
術的な問題があったとしても音楽を楽しみたい、
表現したいという欲求があれば自ずと解決して
いくと思います。

 

 

先日バイオリンのはさみ方についてお伺いしました。そ
の後佐藤先生のアドバイスに従って、セーラー服の下に
タオルを折ってはさんで みたところ、音楽の先生から合
格をいただくことができました。

つまりは、娘は超 のつくなで肩ということだったようです。
それも、前回より飛躍的な上達というコメントつきです。
また明日、授業があるらしいのですが、打って変わって
はりきっています。今後は音を出すということに苦労する
のでしょうがおかげさまで、ようやくスタートラインに立つ
ことができ喜んでいます。どうもありがとうございました。

 

 

 

♪肩当て

 

 

 

初めまして。私はバイオリンを始めて4年 程度です。今回

は肩当てについて是非お聞 きしたいことがありましてメー

ルさせてい ただきました。

取り付け方がまだよく分からないのです。 私の先生は肩

当てを全く使わずに演奏され るので肩当てに関してはよ

く分からないと のことで困っています。具体的には取り付

けの角度についてなのですが、私は一般的 なKUNの肩

当てを使っていますが、これを 駒と平行になるように取り

付けるべきなの か、足のどちらかを緒留めの方に寄せて

取 り付けるべきなのか、よく分かりません。 私は普段、

楽器を構えた時に下側に来る部 分(胸側を緒留めの方

に寄せて斜めに取 り付けているのですが、エラの下の部

分の 皮膚がこすれて痛くなってしまい、ひょっ として肩当

ての使い方が悪いのでは無いか と思っています。という

のも、座布団タイ プの肩当てを使っている時には全く痛み

等 を感じないからです。

座布団タイプは使い方がシンプルですし、 演奏中の不快

感も無いので気に入ってはい るのですが,KUNを付けた

ときの方の音が好 きなこともあり何とかKUNで演奏しても

不 快にならない方法は無いものかと悩んでい ます。

アドバイスいただけると嬉しいです。

 

 

バイオリンの挟み方についてのご質問ですが実際にどの

ような状態なのか見てみないとわからないところがありま

す。その点をご承知おきください。その人の体型によって

フォームはいろいろかわってきます。これでなくてはいけ

ないということはありません。しかしだからといって不自然

では苦労してしまいますので合理的なフォームを習得しなく
てはなりません。

ところでお嬢さんは肩当てをしていらっしゃい
ますか。それは人によって違いますので選ぶ時
は慎重にしなくてはなりません。市販の何種類
かの肩当てを試してもしっくりいかないことも

あります。肩当てが痛い場合は肩に小さな座布
団を敷くとか(シャツの下にでも)そうやって
高さを調節して楽器の下がりを矯正します。左
手で楽器を支えるようにクセをつけてしまいま
すと押さえる指の自由が制限されてしまいます。
どうしてもはじめのうち体型的にどうしてもそ
うなってしまう人は進歩していくなかでバイオ
リンを自分の体型にフィットさせて解決してい
かなくてはならないでしょう。

肩当ての選択の次にどうやってかまえるかが問
題です。なで肩の人は結構バイオリンをかまえ
るのは大変だと思います。肩のどこで支えるか
を見極めて下さい。楽器は鎖骨の上にのってい
ることが重要です。左手を右の肩に置いて挟ん
でみて下さい。そこで注意することは肩が不自
然に上がらないようにして下さい。これは大変
重要で肩が上がるということは演奏を困難にし
ますので自然体で弾けるフォームをつくってお
かなくてはなりません。また楽器の位置が体の
外側か内側かによってもだいぶ違いますので楽
器が下がらないで済むいい位置をみつけて下さ
い。すでにこれらの点はご指導を受けていると
思いますが。

あと挟んだ時の痛みがあるかどうかということ
ですが、もともとバイオリンのフォームは不自
然極まりないものですのではじめの何日間は痛
いかもしれません。しかしすぐに慣れてくるは
ずです。それがいつまでもあるということはど
こかに問題があると考えて下さい。

いずれにしてもご自分のフォームを鏡で見て矯
正していって下さい。また他の人のフォームを
見て参考にしたり反省したりしてください。は
じめからうまくいくと考えないで基本を大切に
工夫してどうしてもわからないことはどんどん
アドバイスを受けた方がいいと思います。まだ
はじめられたばかりで若いのですから大いにが
んばってください。

 

 

 

 

♪奏法とフォーム

 

 

 

私はヴァイオリンの音がきたないと言われます。たしかに
自分でも他の人と比べてよくないということはわかります。
ただどうしていいかわかりません。その音色はどうやった
らいい音になりますか。アドバイスをお願いします。


私は演奏スタイルや音色はその人の体型が音からきて
いるのではないかと考えています。その体型が人それぞ
れの歩き方やしゃべるテンポを変えているのと同じように
音も形づくっているように思います。これまでの経験ではじ
めてヴァイオリンを持ったフォームはその後そう変わらない
と考えるようになりました。また変えたとしても顔の整形と
同じようにかえって不自然に見えます。教育できる範囲は
極めて狭いように思います。それがその人にとって楽とい
うこと自分自身の音を出すということになるからです。

前のウィーンフィルのコンマスのヘッツェルの弾き方をご
覧になったことがありますでしょうか。それは古風という
か楽器を無理に顎に挟んで右手は手首のみで弾いてい
るような硬い奏法でした。私のかっての先生も同じような
体型だったので同じようなフォームでした。しかし奏でら
れた音は素晴らしく柔らかい音楽性豊かな音色でした。し
たがって一般的に不自然な弾き方であったり見ている人
と違うスタイルであっても奏法はその人自体を体現してい
るものと考えた方が賢明のように思います。

それはフォームでいい音が生まれるのではなく求めてい
る音がフォームをつくるということを知っていただきたいと
思います。

ただレッスンでのご指摘はそのフォームだけで判断されて
いるのではないように思います。その音にフォームからく
る不合理さを先生は感じられたのではないかと思われます。
そのフォームで出された音がどういう影響を受けているの
か先生に指摘されたフォームにちょっと訂正してみて音が
どう変化するか試してみる必要があります。その試行錯誤
が進歩につながると思います。

一番いいのはあなたと同じ背格好の著名なヴァイオリニス
トのフォームと音色を研究してみるといいと思います。そ
うすると不思議と音楽の好みが一致するのではないかと思
います。それとできるだけあなたと同じ体型の先生につか
れることをおすすめします。痩せた先生と太った生徒、背
の高い生徒と背の低い先生では見本にならないかもしれま
せん。そのへんを理解している先生であれば問題ありませ
んが。

おわかりいただけたでしょうか。ちょっと文章では伝わり
にくいかもしれませんがこんなところです。また更に何か
ありましたらどうぞ。

 

 

♪左手の薬指

 

 

初めまして
今年の夏頃からバイオリンを習い始めました初歩的なもの
から少しずつ練習していますが左手の薬指が思うように動
きません中指とくっつけてと先生には言われるのですが…
小指を使おうものなら、もうお手上げです

何か良い練習方法はありませんでしょうか?よろしくお願い
します

 

ヴァイオリンの左手薬指についてのご質問にお答えい
たします。薬指は一番自由の利かない指で独立していない
という感じがあります。しかしいい演奏をするにはそれを克
服しなくてはなりません。薬指とともに小指も押さえる力が
弱く相当練習しなくてはなりません。その指のためだけの練
習を多くする必要がありそうです。

もともとヴァイオリンは不自然な姿勢をします。まだ日が浅く
ヴァイオリンが体にフィットしていないと思います。やはり体
や指に力が入っているように思われます。更に①力の入り
具合が平均化しているか、②楽器を左手で支えていないか、
③親指の位置やフォームが適正であるか、④左手の肘が曲
がっていないか等今一度検証して練習してみて下さい。

その練習法として左手の親指をネックから離して音階を弾い
てみて下さい。力が入らずうまく弾けないかもしれませんが
それをしばらくすれば親指の意味がわかり4本の指ば平等
に押さえられるようになると思います。

 

 

♪ポジション移動

 

 

はじめまして.いつも楽しくHPを拝見させていただいて
おります.私は,大学生から室内楽クラブに所属してバ
イオリンを始めました.大学時代は,先輩に頼んで定期
的に指導をうけておりました.しかし,働きはじめてから
は忙しくてレッスンや楽器をさわることもしておりません
でした.

もう大学を卒業して5年たち,仕事も落ち着いてきたの
で今年に入ってからバイオリンを再開しました.それも,
アマチュアのオーケストラに入団というかたちで再開した
ので,きちんとしたレッスンを受けておりません.そこで,
最近困ったことがおこりました.オーケストラの曲でもの
すごく高い音を弾かないといけないのですが,私は3rd
ポジションまでをきちんと習っただけなのでそれより高い
ポジション移動をなにを目印にしたらいいかわからな
いのです.

自分では,5ポジションまでは手や手首の角度を変えず
なんとかとっているのですが,実際に必要なのは9や10
ポジション(こんな言い方をするのかわかりませんが,と
にかく高いレまででてきます)までです。

すみませんが,5以降のポジション移動では,左手のお
や指や手首をどこに置いて,または何を目印としてとれ
ばいいのか,何かいい方法があったら教えてください.
どうぞよろしくお願いいたします.

 

 

社会人になってヴァイオリンを続けるということは結構
時間的に大変ですね。そのわずかな空いた時間にヴ
ァイオリンを弾くのもこれまた充足感があるかと思いま
すが。

さてお尋ねのポジション移動についてですが 5以降の
ポジション移動で左手のおや指や手首をどこに置き,ま
た何を目印としてとすればいいのかという点、それを演
奏しながら視覚的にとらえるのはほとんど無理かと。や
はり自分の音感が第一で条件反射的に弾けるよう訓練
しなければなりません。

それには基礎的な練習をたとえば「フリマリー音階教
本」のスケールを繰り返すしかありません。そして練習
としてはポジションごとの1の指と親指の位置関係をし
っかりと把握するためにどういう形になっているか確認
する必要はあります。その親指をどこにセットするかは
その人の体型によって違ってきます。大きい体の人は
ほとんど5のポジションのままで最高音まで弾けるで
しょう。それが不可能 であればネックの下に更に側板
まできます。

大切なことは左手のフォームをファーストポジションのフ
ォームのままでできるだけ崩さずに弾くということです。
当然間隔は狭まってきます。半音はずらさなければ半
音にならなくなります。それにはどうしても高音の音程
を聞き分けられる能力を身につけることが肝要です。

具体的に一つ。E、Gis、Hのフラジオレットでとれる音や
隣のA線で音程の確認ができるAをポジションの1の指
にすることです。そうすれば不安は解消できると思 いま
す。その後に親指の位置を設定すればいいかと思いま
す。移動の際は親指を先行させることが必須ですがフォ
ームとしては親指が先ではありませんのでくれぐれもご
注意を。

 

 

♪ビブラートの「ムラ」

初めまして。こんにちわ。私は音大を目指している中学
3年生です。音大の教授にヴァイオリンを習っているので
すが、いつも「ヴィブラートにむらがある」と言われてしま
います。どうしたらむらのないヴィブラートができ、良い響
きを得る事ができるでしょうか。あと、もうひとつ質問なの
ですが、私は弓の弾力がうまく使えてないらしく、たまに
濁った音が出てしまいます。どうしたらいつも名ヴァイオリ
ニストのような綺麗な音が出るでしょうか。よろしくお願い
しますm(_ _)m

 

専門家をめざして高度なヴィオリンを学習されているとい
うことですが、ここに書かれて い た疑問は本当にヴァイ
オリンの難しいところですね。実際にあなたの演奏を聞い
ていないので具体的に申し上げられませんがこういうこと
ではないかということで回答を書きます。

①ヴィブラートの「むら」についてですが言葉は簡単でも原
因はいろいろなことが複合 的につくっているように思いま
す。歌う心があってそれが指先に伝わらない、音楽の抑
揚 と ヴィブラートが一致しない、どうして?まずはどこか
に力が入っていないかを究明してみて下さい。肩や手首
や左手の親指など必らず見つかります。

更に楽譜の読解力をつける 訓練をします。すなわち「譜
割り」を考え楽譜から自由な自分の言葉に置き換えてい
くよ うにします。ただ楽譜どうりに弾ければいいんだという
弾き方では力が入ったり不自然な リズムになったりします。
難しいパッセージを自分にも聞き手にも分かりやすく聞か
せる ことができる語法に変換します。そうすれば体が楽に
なり音楽が流れヴィブラートも自然 なものになり「むら」を感
じさせなくなると思います。欧州人の音楽には呼吸を感じさ
せますね。

それは音楽の時間、音符の時間を最大限使
っているから
だと思います。その中にヴィブラートが自然に発生してきて
いるようにみえます。

②濁った音は多分弓を持ちすぎているのではないか思い
ます。右手の親指に力が入って いませんか?あるいは
肘の角度が弦に対して適切ですか?腕と弓の重さが肘を
経て右手 の人差指や小指までよどむことなく流れるような
感じにして下さい。そうすれば無理な力 が入って音を濁ら
せる事もなくなると思います。

以上、いくらかでもご参考になればと思います。

 

 

 

♪自然な音楽を表現をするためには

 

 

 

いろいろ自分のフォームも確かめてみます。やっぱり
音楽が自然だと、ヴィブラートも自然にかかるのですね。
でも、これもまた私の悩んでいるところなのです。

先生に「音楽が自然じゃない」と毎回毎回言われてしま
うのです。曲の表現の仕方とかがまだぜんぜんわかっ
ていないので。自分でもどんな思いを込めて弾いたらい
いのかも、よくつかめないのです。まだ技術面をちゃん
とするので精一杯で、、今は先生に「ここはだんだんつ
よく」とか言われて抑揚?をつけているようなだけで・・
表現に仕方について何かアドバイスをお願い します!

 

 

確かに今はテクニックをつける時です。が弾けたから
といってそれがどうしたということに なってしまう可能
性もあります。表現とは楽譜に書かれていることをす
るのではなく結果的に楽譜に書かれていることをする
ことです。そして「自然な」表現は呼吸にあってそれは
自分の呼吸ではなく他人の呼吸と同じにすることです。

ちょっと抽象的で難しいかと思いますが自然な表現法
を身につけるには自分のヴァイオリンから出てくる音楽
に合わせて声をだして(たとえ声や音程が悪くても歌う
といいと思います。はじめは大変ですがだんだん慣れ
てきます。またフレーズの最後の一つ前の音をアップボ
ウで弾く時まさに歌の息を吸う時のようにたっぷり時間
(余裕)をとるといいと思います。

 

 

♪ビブラートの回数とタイミン

 

 

初めまして。私は高校2年生です。高校の「室内楽部」
でバイオリンをやっています。私がバイオリンという楽器
に初めて触ってからまだ1年です。信じられないかも知
れませんが、楽器を始めて1年なのにもうビブラートをか
けれる部員が多数います。

そこでさっそく質問です。私はビブラートをかけるとき、親
指がネックの下(?)指板の裏(?)にいってしまうので
すが、それは不自然ですか?あと、合奏をやるたびに思
うのですが、ビブラートの回数やタイミングはみんなで合
わせるべきですか?

今はみんな思い思いにかけてるかんじなのですが…。
(ビブラートをかけるなんてまだ早いと思われるかも知
れませんが、私達がこの部活で楽器をひけるのはたっ
た2年間なのです。2年生は3月にある定期演奏会で
引退なのです。

 

さてご質問の①親指がネックの下(?)指板の
裏(?)にいってしまうのですが、それは不自
然ですか?ということですが人それぞれの体格
によって違ってきます。欧米人のように大柄な
人で手の大きな人は親指がネックよりかなり出
ていますね。見て御覧なさい。

しかし日本人のように小柄な体格ですとネック
から少し出るくらいです。もっと小柄な方はお
っしゃるようにネックの下になる場合がありま
す。ただそれが必然的にそうならざるをえない
のか、もしかして楽器を支えるためにそこにき
てしまうというのであればそれは運動を阻害し
ていることになります。やはり自由にポジショ
ンが移動できるようにフリーにしておかなくて
はなりません。

付け加えて言うと左手の親指が反っているとい
うことになりますね。それは右手の弓を持つ親
指も反っていませんか。あくまで自然にという
ことで左右の手はボールを握っているようでな
くてはなりません。


結論としてはネックから指先が顔を出すように、
人指し指と向かい合わせになるようにフォーム
を作ることが大切です。それがまたビブラート
を楽にかけられるようになるためのステップと
なります。

②合奏をやるたびに思うのですが、ビブラート
の回数やタイミングはみんなで合わせるべきで
すか?できるだけ合わせた方がいいのですがま
だまだその段階ではむづかしいかもしれません。
回数を把握してかけているかどうかが問題でそ
れができているのであれば当然できるでしょう。

4連と8連、3連と6連音符タイプがあります。
合わせられるようになれば音は各段にまとまり
響きが膨らみます。

 

♪ヴァイオリンを始めようか迷っています

はじめまして。こんにちは。

バイオリンをこれから始めようか迷っている大学一年生です。

バイオリンについていろいろ調べていたらこのホームページに
たどり着きました。親しみやすくてステキなホームページです
ね♪

 

私は大学に入学して、4月にどのサークルに入るか決める
時にマンドリンのサークルかそれともオーケストラか迷って、
結局マンドリンのサークルに入り、このあいだまでマンドリン
をやっていました。でも、やっぱりバイオリンを弾けるようにな
りたいという気持ちが捨てられず、「バイオリンがやりたいか
ら」と言って、そのサークルを思いきってやめてしまいました。


これから大学のオーケストラに入ってバイオリンをやろうか、
それともどこかにバイオリンを習いに行こうか迷っています。
できることならオーケストラに入りたいのですが、聞いてみ
ると私の大学のオーケストラのバイオリンパートは経験者
と初心者が半々くらいだそうです。もともと初心者である
ことに加えて、今の時期からバイオリンを始めて、経験者
も含めたほかのみんなについていけるのかとても心配です。

 

小さい頃から音楽は好きだったので、リコーダーをよく吹い
ていたり、楽譜はなしで家で自分で音をとってオルガンを
弾いたりしていたことはありますが、ピアノを習ったこともなく、
中学高校で吹奏楽などをやっていたわけでもありません。
楽譜は一応読めるつもりですが、読むのは遅いです。こ
のような私でもオーケストラに入って人並みにバイオリンを
弾けるようになるでしょうか。バイオリンにかける情熱は人
一倍持っているつもりなのですが…。不安なことばかりで
す。音楽やバイオリンについての知識が乏しいので、その
方面に精通していらっしゃる方に相談したく、メールする
ことにしました。長くなってすみません。何かアドバイスをい
ただけると嬉しいです。

 

 

さてご質問について私なりのアドバイスを参考にし
ていただけたらと思います。 音楽が好きで大学生
になってヴァイオリンを弾かれる方は結構います。
そして大学のオケで充分活躍できるまでになりま
す。しかしまあすべての方がそうなるとは限らない
のも事実です。熱意だけではどうにもならないこと
もあります。

そういったご心配や不安は当初誰もが持つと思い
ます。その人にあった楽器が必ずあります。相性
があります。その楽器にめぐり合えたら最高の幸せ
です。小さい頃親に勧められてやった楽器が必ずい
いとは限りません。楽器をかえて成功したソリストも
めずらしくありません。

しかし何事もやってみなければはじまりません。
ダメモトでまずはやってみるこ > とです。思い立った
ら吉日です。おそくなればなるほど思いは募り後悔
します。今は中国製の安価で質のいいヴァイオリ
ンが大量に輸入されています。そういう点でも入り
易いかと思います。 > > 私の生徒でも大学に入っ
てはじめてアマオケのコンマスをしている者もいま
す。また50歳前後からはじめて結構弾けるように
なる方もいます。ビバルディの協奏曲まで。まあ聞
かられるかどうかは別として本人は楽しんで弾いて
ます。

若い時にできなかったことを今に。その歳まで情熱
を失せなかった思いには大変敬服します。大学に入
ってからオケで活躍できるようになるには相当な練
習が必要です。それは練習というより好きでたまらな
く弾きたくなるんですが。三度の食事より弾 いていた
いくらいになればしめたものです。それはやればやる
ほど上達するのがはっきりわかるからなんですが。
自分は天才か?と思えるくらい急激にうまくなってい
くのです。

またヴァイオリンはアンサンブルの楽しさを存分に味
わえます。曲も多いですしいい作品があります。あま
り上達しなくてもそれなりに楽しめます(笑)それはク
ラ シックの音楽を最大限知る魅力です。ということで
まずははじめてみて下さいというのが私のアドバイス
です。

 

 

♪ボーイングの指示

 

バイオリン始めて2週間になります。右手はどういう
時に全弓、半弓、元弓、先弓を使うのかが分かりま
せん。音符の長さによって決まっているのでしょうか、
それとも曲によって様々なのでしょうか?ドラえもん
の曲の始めの三連符はスラーと考えて1弓で弾くの
でしょうか?バイオリン教本に載っている曲は指示が
書いていますが、オーケストラでやる曲は指示が書
いてないので、上げ弓にすればいいのか下げ弓にす
ればいいのか分からないし先に進めない状態です・・・。
どうかアドバイスお願いします☆

 

 

全弓、半弓、元弓、先弓を使うのは音符の長さによ
ることもありますし曲による場合もあり様々です。こ
れは経験によってわかってくると思いますがまずは
先生か経験者に教えていただくことがてっとりばや
いと思います。あるいは弾く場所の書かれている楽
譜か教本を見て弾いて納得し応用することでしょう。

どうしても自分の判断で 都合のいいところで弾いて
しまいがちです。元で弾くのが得意な人はたいがい
先で弾くのが苦手ですしまたその逆もそうです。音
符通りの弓の使い方をする場合とか短い音符ほど
全弓で弾かなくてはならない場合とかテンポがゆっ
くりで全音符でも弓を返さなくては弾けない場合が
あります。本当にケースバイ > ケースです。

ドラえもんの曲の始めの三連符はスラーと考えて1
弓で弾くのでしょうか?ということですがそれはスラ
ーでしょう。スラーでなかったら感じがぜんぜん違 う
し弾きづらいでしょう。1弓で弾くと前へ進む、あるい
はうねるような感じが出ます。

バイオリン教本に載っている曲は指示が書いていま
すが、オーケストラでやる曲は指示が書いてないの
で、上げ弓にすればいいのか下げ弓にすればいの
か分からないということですが それはこうでなけれ
ばならないというものではありません。弾きやすさと
か音楽的かどうかできまってきます。たとえばアウ
フタクトと呼ばれる半端からはじまる音楽はたいがい
呼吸のように上げ弓からはじめます。しかしこれもい
や下げ弓からの方が音楽的に流れるという場合はそ
れもOKです。

基本的なことはやはり先生とか経験者に聞いてみて
下さい。 ものすごくケースバイケースです。

 

 

♪毎日の練習

 

 

こんにちは バイオリンのHPをみていたらこのHPに
たどり着きました。私は習い始めてもう少しで三年
目になります今までは大体週一回のレッスンで勤
めているので夜すこしずつ練習してました。この春
転勤してレッスンが受けにくくなったので先生の自
宅で月1、2回レッスンしてもらうことになりました昨
日、一ヶ月ぶりにレッスンを受けたのですがほとんど
基礎練習で特に弓の運びがよくなくて以前やったボ
ーイング練習をもう一度やりましょうといわれました今
住んでいるのが社宅で音が出しにくいので週末自宅
でしか弾けません

ここに書き込まれてる方は半年でサードポジションと
かで早いなあとびっくりしています私は趣味でやって
るので進度が遅くても気にしませんがなかなか上達
しないので練習法に問題があるのかなと・・・ちなみ
に教本は篠崎の弟二巻の後半をしていますそこにの
ってる毎日の練習とかをパターンをかえてしています
自分でも右の親指や小指や肩に力がはいってしまう
のでなんとかこの癖を直したいと思っています

音感も悪いし、1の指から音を取っていくのも直した
ほうがいいのでしょうか音程合わすのに家ではチュ
ーナーを使ってます。バイオリン レッスン受ける度
に難しいと感じますがそれ以上におもしろく楽しいで
す。田舎に住んでて習えなくて、やっと始められたし
・・・先生はとても親切な方で丁寧に教えてくださるの
でずっと習っていきたいと思ってます(最近音階などの
基礎練習が中心ですがこういうものですか?)毎日練
習できない私でも効果的ないい練習法ってないでしょ
うか

 

 

練習法についてのお尋ねですがあなたご自
身何をしなくてはならないかすでにすべて書
かれていますね。ボーイングや音程につい
て。まさに音楽性を除けばこれがヴァイオリ
ン上達のすべてです。すでにあなたは客観
的にそれを理解されているのでそれを 改善
すればいいということになります。だれもが
持っている弱点を認識すること自覚すること
から何をすべきかを考えそこに邁進するだけ
だと思います。

① まずは時間や環境の制約をどうすれば
よいかをまず考えることでしょう。やはり毎日
の練習は可能な限り欠かせないと思います。
それにはサイレントヴァイオリンを考えてみ
てはいかがでしょうか。ヘッドホーンで違和
感はあるかもしれませんが運動感覚を鈍ら
せないようにする効果はあるように思います。

② チューナーもいいですが音程はやはり自
分でその音程を声に出して歌えるようにして
下さい。高ければオクターブ下で。また曲の
フレーズもご自分の歌える声域で歌うことが
一番大切です。その声とヴァイオリンを一致
させて下さい。歌えなければ音程をとるのは
そもそも難しいです。

③ ボーイングはいつも鏡の前か夜のガラス
窓に映して弾きどうすればいいかご自分で
工夫改善してみて下さい。どうしてもわから
ないときは先生にポイントを教えていただく
ようにして下さい。体型でボーイングがずい
ぶん違いますのであなたと似た体型の演奏
家をまねるといいと思います。

④ 自分の音をテープに録音してみることも
大変重要な練習です。誰もがいやなことで
すが客観的に聞くことができます。

以上 練習法のポイントを並べてみました。
参考にしてみて下さい。

 

 

♪難しい5度の押さえ方

 

 

また、質問させていただきます。弦を2本押さえ
なければいけない場面があるのです が、うまく
できなくて困っています。 Dの3、その次にGの
3の音を、つまりソとドを押さえるのですが、和音
ではなく ソ、ドがスラーでつな
がれています。ソ
を弾いているときは音があっているのですが、そ
のあとドを弾くと音程がズレているかんじがしま
す。調弦は合っているので左手の押さえかたに
問題があると思うのですが…。

 

 

さて5度の押さえ方ですがどうしても指は斜めに
なって同じ位置には押さえにくくなります。5度は
完全協和音ですから濁りの無い純粋に溶け合っ
た和音になります。これはちょっと言葉で説明し
きれないと思いますが押さえる指の力を抜いてあ
るいは浮かして指の膨らみのずらしによって二本
の弦を平等に押さえます。

5度のハーモニーの響きをあらかじめ自分自身に
描いていないとメロディーでも5度進行が取れない
と思います。じっくりと耳をすまして辛抱強く練習す
る必要があります。

 

 

♪ヴァイオリンの持ち方

 

 

はじめまして、65才の男性です。ヴァイオリンを
習いはじめて3ヶ月目です。レッスンで先生から
鎖骨の付け根にのせて顎ではさんでヴァイオリン
を水平になるように持つといいますが中々安定し
ません。(肩当(KUM)を使っています。)そのため
に左腕でヴァイオリンを支えるようになり、指運が
上手くいきません。もうひとつ、以前コーラスをや
っていましたが、コーラスではブレスがある程度
定されていますがヴァイオリンではどのように息
をしたら良いのですか?ボーイングをしながら、ふ
と、考えてしまいました。私の目標は3年後にア
マオケに入団できたらと、思って練習しています。

 

 

ヴァイオリンに対して素晴らしい意欲と夢をお持ち
で感激です。さてヴァイオリンの持ち方ですがこれ
は当然のことながら非常にその人の体形に左右
されます。なで肩や肩の張った人では違ってきま
す。肩当ての必要ない人もいます。全ての人が
水平に構えられるわけではありません。また水平
でなければうまくならないかというと一概には言え
ません。ソリストすべてが水平になっているわけで
もありません。

しかしながら水平が理にかなっていることは否め
ません。楽器を左手で支えれば運指に支障きた
します。それをいかに最小限にするかが問題だと
思います。私の今までの経験から楽器の構えは
音感の良し悪しによるように思います。音感があ
ると自然に力まず指が押さえられ楽器 軽くアゴ
と鎖骨で支えられようです。どの指も音感が無理
なく押さえてくれます。そうでないと一生懸命音を
探ったり指を伸ばす努力をするため意識のなくな
った肩が下がってきてしまいます。

あと肩当てがご自分にあっているかどうかも先生
に見てもらって下さい。肩当てでかなり改善され
ると思います。ブレスについてはやはり視覚的と
いうか音楽的に小節の最後の音あるいはフレー
ズの最後で弓がアップボウの時一緒に吸うとい
いと思います。弓を動かしながらですがやはり音
楽を感じなければ吸うタイミングも自然にとれな
いと思います。時々息苦しい演奏に出会います
がそれは演奏しながら呼吸ができていないから
ですね。

 

 

♪ 進み具合に不安

 

 

こんばんは。
HPとても楽しく、参考にさせていただいてます。
28歳になって初めてバイオリンを習い始めました。
ちょうど半年たったところです。ほとんど毎日一時
間程度練習しているのですが、まったく上達しま
せん。。。教本は新しいバイオリン教本を使ってい
ます。もうすぐ一巻が終わるのですがまともに弾
けた曲がひとつもありません。先生はとてもいい先
生で、レッスンも楽しく満足していますが、基礎と
いうよりは曲をどんどん進めるタイプでちょっと気に
なっています。

私はどちらかというとバイオリンを長く続けたいし
少しずつでも着実に上達したいと思っているので
すが、半年の間にあまり上達したところがないの
で少しあせっています。先生の生徒さんはみんな
長いこと習っていて、初心者は私くらいなので半
年ではこの程度でいいのか、どのくらい弾けてい
るべきなのかまったくわかりません。

特に音程の悪さがきになるのですが、左手もD,
G線がとても押さえにくくて不自然な格好です。
楽器の持ち方もしっくりこなくて、肩当があってな
いのかもしれませんが、先生は肩当を使わない
のでよくわからないようです。ただ、肩や腕が痛
くなったりすることはありませんので、先生には
無理のない持ち方が出来ているのではといわれ
ました。慣れれば楽器の持ち方も馴染んでくるの
でしょうか?

毎日の練習では開放弦でのボーイングのあとに
音階をやって、曲を練習という感じです。ボーイン
グも音が不安定で、弾き始めの雑音もなかなか
直りません。音階や曲になるとボーイングが乱れ
てしまうのも悩みです。バイオリンが大好きで、
早く上達したいと思う一方、練習しても上達しな
いので落ち込んでしまします。どうしたら上手に
なれるでしょうか?効果的な練習メニューはあり
ますか?長々と書いてしまって恐縮ですが、よろ
しくお願いいたします。

 

ヴァイオリンが上達するための練習法をお尋ね
ですがすでにいろいろとご自身の弱点を客観的
に捉えて書かれていました。したがって簡単に
言えばそれをうまくすれば上達するということに
なります。毎日1時間練習されているということ
でその熱意と意欲は立派だと思います。ただそ
れが楽しいかどうかですね。楽しくなくては長続
きしません。たとえ自分の発する音楽に落胆し
てもくじけずとりあえず楽しいと思うことができれ
ばいいのです。

進歩の度合いは人様々ですのであまり気にな
さらない方がいいでしょう。あなたが書かれた
ように一巻が終わったといっても本当に弾けた
ことになるの?という疑問は誰もが持つもので
す。完全にできあがらなければ先に進めないと
すると1曲目で終わかってしまうでしょう。勿論
程度の問題かと思いますが無理に先に進めな
いで欲しいと思ったら迷わず先生に言ってみて
下さい。

レッスンを退屈にさせたくないということからどん
どん先に進めているのかもしれません。経験か
らその段階での完成度を先生は合格とみなし
て先に進めているのだと思います。したがって
1度レッスンを受けた曲は自分で何度も弾き直
して自分で完成させると考えたほうがいいと思
います。

ただご自身が指摘されている「音程」や「左手
の押さえ方」「フォーム」「ボーイング」をどうすれ
ば改善できるか先生にポイントをお聞きになれ
ば曲中心からそれなりのレッスンになるかと思
います。率直に先生にお聞きになって下さい。

音程の悪さがきになり左手もD,G線が押さえ
にくく不自然な格好になるということですが、こ
れはおそらく左手のの肘が内側にしっかりと入
っていないためです。格好だけでもG線の最高
音を弾いてみて下さい。さらに親指のフォーム
や位置が正しいかどうかです。親指で楽器を
支えていませんか。

私も肩当てを使わなかった時期がありました
がスタイル・フォームを整えるためにはやはり
使用した方が楽でいいです。楽器が下がった
りして左手で楽器を支えると全てに悪影響を
与えます。この点も上記のD,G線の押さえの
不自然さに影響しているように思います。また
フィットした肩当てを見つけるのも大変です。

毎日の練習はどこかに力が入っているのを取
り除くことが重要です。効果的な練習メニュー
下記を参考にして下さい。

①鏡の前で弾く(自分のフォームの矯正)
②音程を歌えるようにする(難しいが絶対やら
なければならない 歌と楽器の音程を一致さ
せる)
③テープに録音する(大変イヤな方法 効果
絶大)ことに音程は音楽の命ですのでポルタ
メントのように指でずらして探ってください。